競売のメリット

物件を市場価格よりも安く購入できる可能性があります。
※最近は市場価格と同等の価格で落札される方がいますので必ずしも安く購入できるとは限りません
市場では出回らない物件がでることがあります。

競売のデメリット

裁判所からの閲覧資料(写真、報告書)で判断しないといけないので基本的に内覧ができません。
購入後にトラブルが見つかる場合がありますが自己責任になります。
入札したから購入できる訳ではありません。

明け渡しの交渉

所有者が居住してたり、賃借人がいる場合等の占有者がいる場合、建物の明け渡しの交渉が必要となります。
経済的事情により、引っ越し費用、残存物の撤去、処分費用等が捻出できないといった事情を抱えられた方が多くおられます。
これらの条件を占有者と歩み寄りながら交渉を行い、スムーズに明け渡しができるようにしなければなりません。
当社による代行サービスで交渉します。
(有償)

トラブル回避

競売物件は一般物件と比べて法的(建築基準法、都市計画法等)や物的(自他の越境物や権利関係が複雑)に問題を抱えているものが多いです。
それらの問題は購入前に調査して物件のリスクを説明しますので購入するか否か判断しなければなりません。 当社による代行サービスで説明します。
(無償)

お気軽にお問い合わせください。0942-27-5077受付時間 9:00-17:30 [ 水・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。