競売との比較・諸費用

1 競売のデメリット

■相場より安く取引されるので債権(借金)が多く残る。
■立退き(引越し)費用は自己負担。
■その費用は落札者と交渉できることもあるが必ずしも落札者が払ってくれるとは限らない。
■インターネット(BIT)、新聞等に掲載されるので周囲に知られる。
■強制的に売却され、立退きしないといけないので精神的に弱る。

2 任売のメリット

■仲介による売却なので競売と比べて債権(借金)は少なくなる。
■立ち退(引越)費用は金融機関、買主と相談による。
(通常、金融機関が費用負担を承認することはありえません)
■明け渡し時期は相談ができる。
■仲介による売却なので売却理由は購入検討者、客付不動産業者にしか分かりません。
■精神的ダメージが少ない。
■必ず落札できるとは限らないので親戚等による買い戻し特約付き契約が競売と比べて成立率が高い。

こちらの記事もご覧ください!
3 買い戻し特約付き契約

所有者がそのまま居住したい場合に利用できる契約です。
一度、当社で住宅を購入した後、所有者の子供さん等が購入して同居する契約です。

4 諸費用

■印鑑証明書等の取得費用、郵送費用、売買契約書の印紙代
※売却時の抵当権抹消、差押解除、滞納管理費、仲介手数料等は売却代金からいただきますので所有者の費用負担はありません。
※成約できなかった場合、費用請求はありませんが、残念ながら競売になります。

                                

任意売却までの流れ

1 相談
これらのものが必要です
住宅ローン、カードローンの残高が分かるもの
市町村からの納税証明書、滞納分(健康保険、固定資産税等)の催促書
2 査定
いくつかの査定法がありますが取引事例に基づき売却可能価格を査定します。
3 債権者への交渉
抵当権者(債権者)が単独の場合でも複数いる場合でも査定金額から配分表を作成して、債権者と交渉します。
引越費用についても相談します。
4 媒介契約の締結
所有者と当社で専属専任媒介契約書を締結します。
5 売却活動
一般的な不動産売却と同様の販売活動を行います。
インターネット、広告等で売却活動を行い、他の不動産業者にもオープンにして早く売却できるようにします。
売却理由を質問されることがあるのでローン滞納を知られるとしたら購入検討者又は客付け不動産業者になります。
6 購入検討者からの購入申込書を受ける
価格交渉が入る可能性があります。
購入申込書は売買契約書ではありませんので、法的拘束力はありません。
7 債権者と配分調整
抵当権者(債権者)と売却金額について配分の調整を行います。
配分表には配分する金額、諸経費、項目を明記します。
配分調整が終われば、引越先を探します。(当社で賃貸のお手伝いします)
8 売買契約の締結
通常の売買契約と同様です。
9 引き渡し
引き渡し前に引越が必要です。
鍵、権利証、印鑑証明書、実印等が必要です。
売買契約の締結から約1ヶ月程かかります。

お気軽にお問い合わせください。0942-27-5077受付時間 9:00-17:30 [ 水・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。